進行したがんです|早期発見で転移を防ぐ|致死率が高い癌の対策

早期発見で転移を防ぐ|致死率が高い癌の対策

看護師

進行したがんです

診察

癌の進行を抑える

癌性腹膜炎は、がん細胞が腹膜に転移したことで発症する病態で、発熱、嘔吐、息切れ、倦怠感などの症状の他、腹水や栄養失調なども引き起こします。この病気は、主に進行したがん細胞が散らばることで生じるもので、手術が無効であることが多く、それに代わる治療法が行われています。癌性腹膜炎の場合によく取られる治療法としては、抗がん剤を使った化学療法があり、これを腹腔内に注入することでがんの進行を抑えることを目指します。また、腹水の治療として利尿剤を投与したり、点滴によって栄養を補給することなどもよく行われています。そして、これらは末期である可能性の高い患者さんの余命を延ばし、少しでも苦痛の少ない生活を送るためという場合が多いようです。

新しい治療法もあります

癌性腹膜炎の主な原因は、がんの進行の度合いが高まり、最初にがんができた臓器から散らばったがん細胞が腹膜に転移してしまったことです。この他では、手術のときにがん細胞が腹膜にこばれ落ちて癌性腹膜炎が生じる場合もあると言われています。この病気は胃がんなどの消化器のがんや卵巣がんなどの婦人科系のがんの末期に起こりやすいため、完治が難しく治療は対症療法になることが多いようです。ただ、末期と言っても最近では医学の進歩もあり、温熱療法や免疫細胞療法などを抗がん剤治療と組み合わせたりして、従来以上の成果を上げることが期待されています。これらの治療法は体に負担がかかりにくく、体力が戻って生活の質を高める効果も考えられるので、この病気の治療法として選択肢の一つに入れることをお勧めします。