早期発見で転移を防ぐ|致死率が高い癌の対策

ドクター

進行したがんです

診察

癌性腹膜炎はがん細胞が腹膜に転移しておこる病で、がんがかなり進行していることが考えられ、普通は手術以外の治療法が行われます。でも、温熱療法や免疫細胞療法などを抗ガン剤治療と併用するなど、新たな治療法で効果を上げる可能性もあるので、これらも治療の選択肢に入れると良いでしょう。

もっと読む

早期治療が必要な理由

病棟

やはり恐ろしい病気です

かつては癌は「死に至る病」として認識され、患者に癌に罹ったことを伝えるかどうか医師においても「死の宣告」のように受け止めた時代がありました。しかし医学の進歩によって、癌の治療方法も発達して、治癒または、生存率・延命年数も高い状況になりました。ところが、恐ろしい病気であることには違いがなく、深刻な状況である末期的になるまでに、発見して治療する必要があります。残念ながら癌の治療法が進んでも再発したり転移する可能性はゼロではありません。転移とは、最初に症状が発現した原発性癌が血液やリンパ腺を経由して他の部位にも悪性腫瘍を形成してしまうことにあります。中には播種性といい、組織を突き破って他の組織にうつしたり、字のごとく種をまくように癌細胞を増やしてしまうこともあります。

早期治療の必要性

癌の転移は、先ほどお話したように他の部位に伝えるように症状を発生させることにあります。悪性腫瘍は、がん細胞で形成されますから、基本的に体中のほとんどの部位に転移する可能性がありますが、原発性癌の部位によって転移しやすい部位もこれまでの治験から多く知られています。例えば、肺、喉頭、咽頭、食道付近は、転移しやすいといわれていて、複数の部位に伝わるとかなり死亡率が高くなります。また、乳がんは、肺に、前立腺がんは、骨に転移しやすいとされています。治療方法は、原発性癌と変わりがなく、手術による外科的療法、化学療法、放射線療法を医師の診断により組み合わせて行うことが一般的です。このようにみていくと、やはり癌は、早期発見と早期治療が治療の鍵を握ると言っても過言ではないでしょう。

第四の柱となる治療方法

病室

免疫治療ががん治療における第四の柱として加わった今、先進医療を施すことが可能な設備と技術、そして医師が揃っている医療機関を見つけることが重要です。四つの治療方法がうまくかみ合うことで、治らないがん治療がなくなるかもしれない時代がやってきました。

もっと読む

罹患率は糖尿病と同数

病院

甲状腺の病気にはホルモン分泌量が変化するものと、あまり変化しないものがあります。病気に気づかなかったり、他の病気に間違われることも多いので、正しい治療を受けるためにも不調を放置せずに定期的に検査を受けることが大事です。

もっと読む